FC2ブログ

  ペリ・プシュケース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とまりぎ

 高校の友達から「暇だったら会わない?」と突然のメールを頂いた今日。
 相手は、三年間クラスが一緒で、部活も一緒で、恐らく高校生活のなかでは一番長い時間を一緒に過ごしていた子なんですけど、なんだろうな、一緒にいながらも、横に並ぶと言うよりは、私はいつも彼女の一歩後ろにいて、彼女に私が必要なときだけ追いついて、隣を歩く。そんな、関係。お互いわりとおしゃべりなはずなんですけど、ふたりで並んで弁当食べてると無言のときが多くて、でもその無言も不快じゃなかった。私は彼女の傍にいると、彼女のして欲しいことについて思いを巡らせて、気を遣っていたような気がするんですけど、それすら楽しかったというか嬉しかったと言うか。なんて言えば良いんだろう、敬愛していた、かな。ちょっと大げさだけど。
 可愛くて闊達でノリが良くて、けれどもとても真面目な一面を持つ彼女は、一年生のときから良い成績をキープして、指定校推薦で、いわゆる「名のある大学」に進んだ子でした。
 そんな彼女と久しぶりにお茶をして、彼女が5月に大学を中退していたことを知ったという。私、高校時代の友達と現在あまり交流がないので(Twitterとかではフォローしあってる子もいるけど、会ってない)、全然知らなくて。いや、以前会ったときに予兆は感じていたので、驚いたりはしなかったんですけど、自分の言葉の力のなさにかなりべこりと凹みました。「だいじょうぶだって」「がんばったね」って何度も口にして、そしてそれはまごうことなく私の本心だったのだけれど、ちゃんと彼女に届いたのだろうか。そもそも、彼女にとってそれは必要な言葉だったのかな。というか、もっと別に話したいことがあったんだけど、私が中退のことを知らなかったからその話になってしまったのでは。と、まあひたすらにぐるぐるしていたという。
 そんなこんなで、話して別れたあと、自己嫌悪に陥ってたんですけど。
 少し時間を置いたあと、彼女から「今日はありがとうね」ってメールが来て、何通か他愛のないことをメールしあって「またどこかに行こう」って言いあって、ちょっとだけ、安心しました。「また」って言ってもらえてよかったなって。
 何が言いたいんだって内容になってきてしまいましたが…。
 「友達」というよりは、彼女にとっての止まり木みたいな存在になれればいいなと思う。都合のいい人間でも良いかなって。呼びたいときに呼んで、話して、ちょっとでもすっきりしてもらえれば、それで。
 こう言う感覚は、おかしいのかな。おろかなのかな。ひとりよがりすぎるかな。ちょっと、わかりません。
 そして、次に呼んでもらったときには、私から明るい話ができれば良いと思ったりしました。



 私のなかのスイッチのうえに、ぽつぽつと何かが降り積もっていて、もう少しでぱちんと切り替わりそうなのに、なかなか切り替わらない。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。